浄水器を取り入れて安全にお水を利用しよう

メンズ

電気トラブルは業者相談

ブレーカー

夏や冬、クーラーやこたつなど多くの電力を使って、ブレーカーがいきなり落ちた経験を持つ人も多くいるのではないでしょうか。クーラーやエアコン、こたつに電気カーペットなど、電力消費の大きな電化製品を一緒に使うと、ブレーカーが落ちることがあります。多くの場合は、その部屋に配置されている分電盤の電力消費許容量をオーバーしたときに起きます。ブレーカーが落ちるときには、いくつかの原因があります。まず、分電盤が適切に配置されていないケースです。電力消費の大きなエアコン、冷蔵庫などは一緒の分電盤ではなく別々の専用で作るのが安全です。その場所で使える上限を切らないように配置することが必要になります。この点に問題がない場合には、ブレーカーのトラブルが起こっているか、交換時期が来ていることも考えられます。中古物件などを購入した際には、ブレーカー交換をしているか確認しておくと良いでしょう。ブレーカー交換は大体13年ごと程度といわれています。それよりも早く漏電などのトラブルが起こることもあるので、電気工事会社などに相談をしてみると良いでしょう。漏電などのトラブル、ブレーカー交換時期などの判断が難しい場合には、専門業者に相談し、状態をチェックしましょう。特にトラブルや交換必要がない場合には、家の分電盤配置や、電化製品の配置をチェックしてもらうと良いでしょう。相談することで、問題部分を洗い出して、適切な処置をしてもらうことができます。